最新ニュース

マクラーレンの黄金期支えた創設メンバーが死去

2016.01.08

 マクラーレンチームの創設時のメンバーで後のチームの活躍を支えたタイラー・アレクサンダーが7日、75歳で死去したことが分かった。

 アメリカ出身のアレクサンダーは、1963年、ブルース・マクラーレン・モーターレーシング・リミテッド創立時、チーフメカニックとして加入、その後チーフエンジニア、ディレクターへと昇進していった。

 後にマクラーレンのCanAm活動に貢献、1967から1971年には5年連続タイトル獲得を成し遂げ、この間の43戦中37戦優勝(1969年には全11戦で勝利)という成功に導いた。また、1974年と1976年にはインディ500も制している。

 ロン・デニスがマクラーレンのボスの座に就いた2年後、1983年にアレクサンダーはチームを離れ、マクラーレンの元チームプリンシパル、テディ・メイヤーと共にインディカーチームの運営に取り組み、若きエンジニア、エイドリアン・ニューエイを起用した。1989年、デニスの誘いでマクラーレンにスペシャルプロジェクトエンジニアとして復帰、アイルトン・セナ、ミカ・ハッキネン、ルイス・ハミルトンらのタイトル獲得をサポート、2008年で引退した。

 デニスは哀悼の意を表し、次のようにコメントしている。
「タイラーは昔かたぎの非常に優秀な人物だった。忍耐強く、謙虚で、賢明だった彼は高い評価を築いた。その名声は国際モータースポーツの歴史の中に永遠に残るだろう」

(オートスポーツweb)


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ