最新ニュース

ハースF1、最初の関門クラッシュテスト通過を報告

2016.01.09

photo

©XPB Images

フォトギャラリー


 ハースF1チームは9日、2016年の新車がFIAのクラッシュテストをパスしたことを明らかにした。

 今年からF1に新規参戦するアメリカンチーム、ハース最初のF1マシンがFIAの義務付けるクラッシュテストを無事パスした。

 チームはこの日、公式Twitterに「FIAのクラッシュテストに合格した。次はカタルニアでのテストだ」と投稿し、最初の関門をクリアしたことを“拍手”で喜ぶと共にファンに報告した。

 チームオーナーのジーン・ハースは最近、F1参戦を2016年に延期するという当初の決断が「結果的にはかなり多くの時間を得ることになった」とコメント。チームプリンシパルのギュンター・スタイナーも、開幕戦が4月3日から3月20日に早まった際に「事は簡単ではなくなったが心配はしていない。ほかも同じだ。プロジェクトは順調であり、マシンはテストの準備ができると確信している」と語っていた。

 ハースは、F1参入にあたってフェラーリと技術パートナーシップを締結。多くのパーツ提供を受けるほか、風洞設備と最新スペックのパワーユニット供給が約束されている。

 シャシーはイタリアの老舗コンストラクターであるダラーラが請け負い、米カリフォルニアのカナポリスと英バンブリーにある旧マルシャのファクトリーで活動を行っていく。

(オートスポーツweb)


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ