最新ニュース

女性初のF1ドライバー、デ・フィリッピス死去

2016.01.10

 女性ドライバーとして初めてF1に出走したマリア・テレーザ・デ・フィリッピスが亡くなった。89歳だった。

 イタリア人ドライバーのデ・フィリッピスは1958年に3戦にエントリーすると、デビューレースのスパ・フランコルシャンでキャリア唯一の10位完走を果たしている。

 彼女はスパの前にモナコGPにエントリーしているがその時は予選を通過できず、1年後に再びポルシェで臨んだ同GPでも決勝のグリッドに立つことは叶わず。その後、チームオーナーのジャン・ベーラが他界したこともあり、59年を最後にF1から離れた。

「あまりに多くの友人を失ってしまった」と、デ・フィリッピスが2006年のインタビューでそう語っている。

 彼女は、男性がまず始めに女性の能力を疑っていると述べたが、本当の偏見を受けたのはフランスにいた時だけだったと明かしている。

「レースディレクターは『女性が被る唯一のヘルメットは美容院のものだけだ』と言った。私がレースを妨げられたのはこの時が唯一でした」
「でもそれ以外は、成功に対する驚きだけで、少しも偏見を受けたとは思っていません」

 その後、家庭を持ったデ・フィリッピスは、1979年に引退したドライバーのための団体に加入。97年に副会長に就任すると、21世紀に入って名誉会長に就任した。

(オートスポーツweb)


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ