最新ニュース

「メルセデス製PUならRBRの優勝も可能だった」

2016.01.11

photo

©XPB Images

フォトギャラリー


 ダニエル・リカルドは、レッドブルのシャシーは昨シーズンのハンガリーGP以来、十分な強さがあり、メルセデスのパワーユニットを使用していれば優勝争いも可能だったと考えている。

 ルノー製パワーユニットのパフォーマンスと信頼性が落ち込む中、シーズン中、レッドブルと同社の緊張は高まっていった。
 レッドブルはルノーとの関係解消を試みたが、フェラーリ、メルセデス、ホンダのいずれともPUの供給契約を結ぶことに失敗し、結局はタグホイヤー・バッジのルノー製パワーユニットを使用することになった。

 現行のエンジンパッケージは2014年に導入されたものであるため、カスタマーチームはメルセデス製パワーユニットを使用するチームを含めて、いまだ勝利を手にしていない。

「ハンガリー以降は、マシンのパフォーマンスが改善しただけでなく、セッティングもしやすくなった」と、リカルドは語っている。

「金曜日の夕方、仕事を終える時間がかなり早くなった。まるで2014年のときのようで、あのころころと同じ感じなんだ。僕らが良い部分を見つけられたか、または良い部分の方が拡大したかのどちらかだ」

「シルバーストンで兆候は表れていたけれど、本当の変化が見られたのはブダペストだ。正直に言えばブダペストからは、メルセデスエンジンがあれば最低でも何レースかは勝てていただろうね」

 またリカルドはノーズに関わるレギュレーション変更も、シーズン序盤のパフォーマンスに影響したと考えている。

「シルバーストンで新しいノーズとウイングの組み合わせを使ったときに、改善の兆しが見られたんだ。大きな変化だった。皆が数多くのノーズに取り組んできたことは知っているし、僕らもたくさんの組み合わせを試してみた。それは多分、僕らが乗りこえられなかった問題だけど、できる限り早い段階で解決すべきだったんだ」

(Translation:Akane Kofuji/オートスポーツweb )


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ