最新ニュース

マクラーレン、苦難の年で「謙虚さ」を得たと分析

2016.01.13

photo

©XPB Images

フォトギャラリー


 マクラーレンのレーシングディレクターであるエリック・ブーリエは、苦難の2015年シーズンが、チームに多大な「謙虚さ」をもたらしたと感じている。

 ホンダのF1復帰初年度、マクラーレンは27ポイントでコンストラクターズ・ランキング9位に沈み、ブーリエいわく、彼のキャリアの中で「圧倒的に」厳しいシーズンとなった。この苦難の結果、チームは謙虚さを学んだとブーリエは考えており、英国オートスポーツに対して次のようにコメントした。

「マクラーレンは規模の大きなチームであり、ホンダは大企業で、両者ともに長い伝統を持っている。人々の希望と信頼に応え、高いモラルを維持するのは難しい仕事だ。けれども昨年は、将来に向けて確実に多くのものを築き上げていくことができた」


「ある意味、悪かった部分が謙虚な姿勢をもたらしたのだから、そこは良かったとも言える。不思議に聞こえるかもしれないが、我々グループ内の雰囲気は、かなり良かった。スタッフは結果に激昂することはなく、ただ苛立っていた。しかし、それに対する責任感、現状への理解は非常に大きかった」

 パフォーマンスが低迷していたにもかかわらず、なぜ雰囲気が良かったのか。ブーリエは「システムが打破されたか、スタッフの再編成があったか。私としては、マクラーレンの名のもとに新たな結束ができたと考えている」と答えた。

 2016年シーズンに向けて、ブーリエは勝利のためのソリューションを見つけ出す上で、自身にプレッシャーがかかっていることを認めた。

「みんながプレッシャーを感じている。まず、私が感じているプレッシャーは優勝することで、それ以上のプレッシャーはいらない」

(Translation:Akane Kofuji/オートスポーツweb )


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ