最新ニュース

フェラーリのためのスペシャルシート/イタリア特派員レポート番外編

2016.01.17

photo

©Yuko Noguchi

フォトギャラリー


photo

©Yuko Noguchi

フォトギャラリー


photo

©Yuko Noguchi

フォトギャラリー


photo

©Yuko Noguchi

フォトギャラリー


photo

©Yuko Noguchi

フォトギャラリー


他の写真も表示 全5枚最初の1枚

 現地ならではの話題を各国の特派員がレポート。今回はイタリア在住の野口祐子氏による番外編をお送りする。フェラーリの革製品を手がけるブランド「スケドーニ」を訪ねて、貴重なF1シートの数々を見せていただこう。

 今回はF1速報webプレミアム会員限定で公開している記事の一部を紹介する。

○ ○ ○ ○ ○

「schedoni」──この名前を聞いて、すぐにピンと来る人は、かなりのフェラーリ好き。1977年からフェラーリの特注トラベルバッグを作っているモデナのブランドだ。フェラーリとのコラボレーションは308GTBから始まり、スケドーニ製のトラベルバッグはフェラーリの新車購入オプションに欠かせないもの。高いクオリティでフェラーリ社からもオーナーたちからも絶大な信頼を得ている。

 そんな彼らが、F1のシートカバーを手がけているのは、さらに知る人ぞ知るところかもしれない。

 1982年5月8日、ゾルダーで開催されたベルギーGP予選でジル・ビルヌーブが事故を起こして帰らぬ人となってしまった。安全ベルトの不具合でシートから飛び出してしまったジル。フェラーリは安全性について世間からの非難を浴びることになった。

 あるときスケドーニは、エンツォ・フェラーリから相談を持ちかけられる。

「シートに皮を張ってくれないだろうか?」

 スエードの皮を使うと、摩擦が起き滑りにくくなり座りやすくなるのだ。1983年1月、スケドーニは試作品の皮張りシートをエンツォに見せるためマラネロへと出向いて行った。彼らの工場があるモデナから、クルマで30分も走ればフェラーリ本社がある。

 エンツォはシートの仕上がりに満足した。
「すばらしい! これは、いくらくらいするのかね?」

 スケドーニは試作品ということで、お金のことは考えてもいなかった。少し考えて「このくらいかと思います」と決して高くはない金額を伝えた。

 するとエンツォは「そんなに高いのか! 高すぎる、それでは到底発注はできないな」と言う。スケドーニは質問を返した「それでは、これから何台くらいのシートに皮張りすることになりますか?」。エンツォは「そうだなあ、1年に15~20台くらいだろうかねえ」と答える。

 しばし会話が続き、スケドーニは最後に、こう答えた。

続きはF1速報有料サイト
でご覧ください
エンツォの値段交渉術
F1のシートにまつわるエピソード

(野口祐子/Yuko Noguchi)


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ