最新ニュース

マッサ、ウイリアムズFW08Cでデモランを披露

2016.01.18

 アイルトン・セナが初めてF1を経験したマシン『ウイリアムズFW08C』をフェリペ・マッサがドライブした。

 ウイリアムズFW08Cは、1983年のF1世界選手権でケケ・ロズベルグとジャック・ラフィットが走らせたコスワースエンジン搭載のF1マシンで、第5戦のモナコGPではケケ・ロズベルグがシーズン唯一の1勝をチームにもたらしている。

 このマシンは、翌年にトールマンからF1デビューする当時23歳のアイルトン・セナが、同年7月に英ドニントン・パークで初めてテストしたF1マシンでもある。

 マッサは17日、最終日を迎えた「英オートスポーツ・インターナショナル・ショー」で、FW08Cのステアリングを握りデモランを披露。クラシックなマシンを操り、狭いアリーナ会場を駆け抜けた。



■Sir Frank and Claire tell the story of Williams' F1 history

(オートスポーツweb)


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ