最新ニュース

新生ルノーF1、クラッシュテストをパス

2016.01.21

photo

©XPB Images

フォトギャラリー


 新生ルノーF1の2016年型マシンが、FIAのクラッシュテストを無事パスしたことが明らかになった。

 ロータスF1チームを買収したフランスの巨人、ルノーは、2016年シーズンから再びフルワークスチームとしてF1活動を再開することが決まっている。

 現時点でチームの体制は明らかになっていないが、先日彼らは体制発表を匂わせる動画を公開。「2016年2月3日をお忘れなく」という内容で、おそらくはパリで記者会見を開き、チームのマネジメントやドライバー、マシンのカラーリングなどを公開するとみられている。

 ただし、チームのマネジメントについては、GP2でARTグランプリを率いるフレデリック・バスールがレーシングディレクターに就任するといわれており、ルノー・スポールF1のマネージングディレクター、シリル・アビテブールはファクトリーのCEOに、前ロータスオーナーのジェラール・ロペスも取締役のポジションに残留。F1で4度のチャンピオンに輝いたフランスの英雄アラン・プロストがチームのアンバサダーに就任など、すでに多くの報道がなされている。

 残る焦点は、スポンサーマネーの滞りが噂されるマルドナドが正式にルノーのドライバーとしてアナウンスされるかだが、一時、彼の後任候補と報じられた元マクラーレンのケビン・マグヌッセンにその後目立った動きは確認されていない。

(オートスポーツweb)


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ