最新ニュース

ウイリアムズ、ホンダへのスイッチを否定

2016.01.22

photo

©XPB Images

フォトギャラリー


 ウイリアムズのロブ・スメドレーは、現時点でメルセデスのパワーユニットに満足しており、ホンダにスイッチする考えは持っていないと語った。

 先日、元ウイリアムズのドライバーで、1996年のワールドチャンピオンであるデーモン・ヒルは、ウイリアムズがかつての栄光を本気で取り戻すつもりなら、ホンダのパワーユニットにスイッチすべき、との考えを披露した。

 ヒルは、王者メルセデスのカスタマーでいる限り、ウイリアムズがタイトル争い可能なポジションには決して到達することはできないと信じている。

 しかし、ウイリアムズのビークルパフォーマンス責任者であるスメドレーは、ヒルの提案を一蹴している。

「まず第一に、MHPP(メルセデス・ハイパフォーマンス・パワートレインズ)から提供されるサービスの水準とパワーユニット自体には十分すぎるほど満足している」とスメドレーが語ったと、SKy sportが伝えている。

「我々とワークスチームの間にはシーズンの後半に(PU)パフォーマンスの小さなギャップが存在したが、それは例外だ。供給できる数には限度があるのが理由のひとつだ」
「彼らは非常にプロフェッショナルな組織だ。そして驚くべきパワーユニットを提供してくれる。最終的には満足ということだ」

 またスメドレーは、今のウイリアムズにとって、ワークスチームになるためにエンジンメーカーと提携することは、決して正しいことではないと考えている。

「それが、明らかに次のステップになるとは思わない」
「(メーカーと)提携したからといって、我々がプライベートチームとしてやれることほどのものが得られるとは思わない」

(オートスポーツweb)


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ