最新ニュース

イギリスGP史上初「黒字」の理由は低価格チケット

2016.01.22

photo

©XPB Images

フォトギャラリー


 シルバーストン・サーキットは英国オートスポーツ調べによれば、長い歴史上で初めて、イギリスGPの開催で黒字を出した。ノーザンプトンシャー州に位置するシルバーストンは年度末の最終決算をまとめており、代表取締役のパトリック・アレンは、2015年のF1開催で利益を上げたことを認めている。

 アレンは1年前に現在の役職に就任し、99ポンド(約1万6500円)のチケットを初めて販売するなど、積極的な価格設定を導入した。その結果、2015年イギリスGPは決勝日に14万人の入場者数を記録し、3日間で35万人を動員した。

 アレンは「口座を確認し、ここ何年かでは初の増益を得た。財政的には好ましい状態にあり、良い方向転換ができた。シルバーストンの全員がチームとしてひとつにまとまり、現在の状況を作り上げている。みんなが精一杯の仕事をしなければ12カ月でビジネスを転換することはできない。ありがたいことに、我々は成し遂げることができた」と語っている。


 アレンの取った挑戦的な方策はチケット価格だけではなく、数多くの分野で事業の合理化にも着手した。

「多くの供給契約先と再交渉を行い、グランプリ開催にあたるコストを大幅に削減した。入退場の渋滞緩和にも努めたことで、観客の満足度も高くなった。チケットに関して言えば、確かにプロモーションとして平均価格を大幅に下げたが、日曜には2014年の12万人と比較して14万人の観客が訪れている。つまり、さらに2万人の人々が素晴らしいイベントを見るために、お金を支払ったことになる。十分な数の観客を得るためなら、コストは下げられる。かなりシンプルなビジネスのメカニズムと言える」

「前に述べたように、ファンが我々の開催するグランプリを支持してくれて、日曜に20万人を動員することができれば、また翌年には価格を下げられる。そうなれば利益をチケット価格に再投資することができ、ファンからのサポートを維持できる」

「過去の経営体制下のように観客動員が落ちれば『バーニー・エクレストンに支払う金額を捻出するために、価格を上げなければ』ということになる。そうなると少数の観客にしか購入できないチケットとなり、動員数が下がって、また価格の上昇を招く」

「私は、その逆を劇的に行った。いまでは、これが可能であると、みんなが知っている。だが、これで満足してはいけない。これからはどのようにして事業を推進していくかを考える」

 イギリスGPの財政状況を改善した中心人物は、さらなる増益を目指す発言をしている。

(Translation:Akane Kofuji/オートスポーツweb )


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ