最新ニュース

ウルトラソフトはチームにとって大きなチャレンジ

2016.01.24

 ウイリアムズのロブ・スメドレーは、ピレリの新しいウルトラソフト・コンパウンドが、今季F1チームにとって「大きなチャレンジ」になるだろうと語った。

 2016年からF1のタイヤに関するルールが変わり、従来のスーパーソフトタイヤでは硬すぎると思われるサーキット、つまりモナコなどのストリートコース用として、新たにウルトラソフトが導入される。
 また、チームの各グランプリでのタイヤ選択の自由度が高められ、ピレリはイベントごとに3種類のコンパウンドを指定することになっている。

 過去2シーズン、ウイリアムズはデリケートなピレリタイヤの性能をうまく引き出せず、苦戦することが多かった。

 チームのビークルパフォーマンス責任者を務めるスメドレーは、新しいウルトラソフト・コンパウンドの導入で、この課題の克服がさらに難しくなると考えている。
「率直に言って、ウルトラソフトはどのチームにとっても大きなチャレンジになると思う」と、スメドレーは先日のオートスポーツ・インターナショナルの会場で、英国オートスポーツに語った。
「決して軽視できない部分があるんだ。この際だから言ってしまうと、今年から使えるトレッドの厚みが30パーセント減らされても、ライフが30パーセント短くなるだけで、それほど大きな問題ではないと考えている人が多いと思う」(注:2016年のピレリ・タイヤは、トレッド面のコンパウンドの下に別の層があり、70%摩耗するとこの層に達して急激にグリップが落ちると言われている)

「だが、話はそれほど単純ではない。コンパウンドの下にある層は熱特性が大きく異なる。だから、トレッド面がある程度まで摩耗すると、その影響でコンパウンドの熱特性も変わってしまう」


 スメドレーによると、ウイリアムズは危機感を持ってこの変更を受け止め、適切なソリューションを探してきたという。
「やるべきことはやってきたと思う。それがどんな違いをもたらすのかについて、総合的にじっくり検討している」
「我々は、ただ摩耗モデルの値を30パーセント減らすというのではなく、技術的にもっと深いレベルでこの問題を考えているんだ」

(Translation:Kenji Mizugaki/オートスポーツweb )


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ