最新ニュース

ホンダの新PU、大幅なパワーアップに成功か

2016.01.25

photo

©LAT

フォトギャラリー


 ホンダが今シーズン投入するパワーユニットは、ERSを中心とした改善により大幅なパワーアップを果たしていると、スペインのAS紙が報道。この情報を一部の欧州メディアも伝えている。

 同紙は、ホンダが今シーズンに向けたパワーユニット開発で、新たに223馬力を獲得する方法を得たと報じており、英Crash.netも、昨年ライバルに対して劣っていた70馬力に加え、新たに160馬力のパワーアップに成功したなどと伝えている。

 AS紙は、チーフエンジニアのピーター・プロドロモウを中心とする開発陣が、ERSの再配置やターボチャージャーのサイズ拡大などに取り組み、基本の“サイズゼロ”のコンセプトは維持しながらも、パッケージングの修正を行ったとしている。

 先日、ホンダF1プロジェクトの新井康久総責任者は、ターボの取り扱いについて「それほど大きな変更はしません。依然としてコンパクトなレイアウトです」と述べ、「でも去年より大きなサイズのターボチャージャーが必要なのは分かっています。そのため、コンセプトは維持しつつ、チャンバーの内側を変更し、一部を小さくするということが大きな目標となっています」とコメントしている。

 今回報じられた馬力アップの数値が事実であれば、マクラーレン・ホンダは、昨年のチャンピオンマシンであるメルセデスのパフォーマンスのほぼ範囲内に達するという。

 チームはプレシーズンテスト前日の2月21日に新車『MP4-31』を正式に発表することを明らかにしている。

(オートスポーツweb)


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ