最新ニュース

マノー入りを狙うウェーレイン、去就は間もなく

2016.01.25

photo

©DTM

フォトギャラリー


 メルセデスAMGのリザーブドライバー、パスカル・ウェーレインは、今週中にも自身の将来がはっきりするだろうと語っている。

 昨年はメルセデスのリザーブドライバーを務める傍ら、DTM(ドイツ・ツーリングカー選手権)ではルーキーながら見事チャンピオンを獲得したウェーレインは、今季からマノー・レーシングを名乗るチームでのF1デビューを目指しており、メルセデスも彼のシート獲得についてマノーと交渉を行っている。

 メルセデスは、ウェーレインのシート獲得に400万ユーロ(約5億1000万円)をオファーしているといわれているが、昨年もレースドライバーを務めたウィル・スティーブンスやアレキサンダーロッシといったドライバーもスポンサーの支援の支援を受けている。

「遅くとも今週あるいは来週には決着するだろう」とウェーレインが語ったと、F1iが伝えている。

 ウェーレインは、マノー入りが叶わなかった場合は、引き続きDTMに留まると述べている。
「F1がうまくいかなければ、HWAチームとともにタイトル防衛に挑むだろう。僕にとってはそれも大きななチャレンジだし、それがどれほど難しいのかも分かっている」

 今季のマノーは、メルセデスのパワーユニットを搭載し、ウイリアムズからも技術支援を受けるなど大幅なパフォーマンスの向上が期待されている。

(オートスポーツweb)


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ