最新ニュース

雨用タイヤテスト、マクラーレンはエンジントラブル

2016.01.26

photo

©Sutton

フォトギャラリー


photo

©LAT

フォトギャラリー


photo

©XPB Images

フォトギャラリー


photo

©Sutton

フォトギャラリー


photo

©XPB Images

フォトギャラリー


他の写真も表示 全5枚最初の1枚

 25日、ポールリカール・サーキットで行われたピレリのウエットタイヤテスト1日目は、レッドブルのダニエル・リカルドが総合トップタイムをマークした。

 今季初のセッションとなる今回のテストは、タイヤサプライヤーであるピレリ主導の完全フルウエットタイヤテストで、いくつかの仕様のプロトタイプが持ち込まれた。参加チームはフェラーリ、レッドブル、マクラーレンの3チームに限定されたが走行プランはすべてピレリが決定、持ち込むマシンも2015年仕様で、テストパーツやセットアップテストは一切許されなていない。

 またコースは、スプリンクラーで人工的なウエット状態が作り出され、3台のマシンも10秒間隔でピットを離れる徹底ぶり。一定のウエットコンディションをキープするために1回の走行も10周程度に留められた。

 この条件下のもと、初日のトップタイムを記録したのは99周を走破したレッドブルのリカルドでタイムは1分8秒713。コンマ4秒差でマクラーレン・ホンダのストフェル・バンドーンが続き、フェラーリのキミ・ライコネンがトップからコンマ9秒差の3番手となった。

 ただし、マクラーレン・ホンダはエンジントラブルに見舞われ唯一、所定のプログラムを完了することができず。お昼過ぎにコース上にストップしたバンドーンのMP4-30は回収車両でピットまで戻され、トータル87周で初日の走行を終了。3台とも昨年仕様のパワーユニットだったが、他の2台は10周の走行を10セットきっちりとこなし、両チームともに99周を走破。この結果、3台の周回数はトータル285周に留まっている。

 ピレリは異なるコンパウンドに異なるトレッドなど、3台のマシンでさまざまな組み合わせに取り組んだが、この日の気温が10度ほどと決して理想的なコンディションとはいかなかった。

 なお、レッドブルは先日の雪上デモランに続き、インフィニティに代わる『RedBull』と新しいタグ・ホイヤーのロゴで走行。マクラーレン・ホンダは離脱が噂されるジョニー・ウォーカーのロゴが確認できなかった。

 テストは明日も同サーキットで実施。マクラーレン・ホンダはバンドーンが引き続きステアリングを握るが、フェラーリはセバスチャン・ベッテル、レッドブルもダニール・クビアトを起用する。

■写真ギャラリーはこちら

(オートスポーツweb)


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ