最新ニュース

イタリアGP、バーニーの譲歩を引き出し消滅を回避

2016.01.27

photo

©XPB Images

フォトギャラリー


 イタリアGPの主催者は今後の開催を確実にするため、まもなくF1最高権威者のバーニー・エクレストンと新たな契約を結ぶことになる。

 昨年12月に英国オートスポーツが報じたところによると、ミラノ自動車クラブ(オートモービル・クラブ・オブ・ミラノ)のイワン・カペリ代表が、モンツァでのイタリアGPは今後も数年間カレンダーに載ると発言している。そして現在、イタリア自動車クラブ(ACI)の代表であるアンジェロ・スティッチ・ダミアーニが、エクレストンとの契約は締結間近であり、これによって2020年もしくは2023年までの開催が確約されると認めている。

「契約締結まで大詰めの段階だ。まだ詳細を確認する必要があるが、契約の大筋は決定している。あと数回のミーティングで疑問点を解消できることを期待している。8割がた終わったと言っていい。2月の終わりまでには合意に至るだろう」

 ダミアーニは昨年エクレストンとの話し合いが「あともどりできない段階になった」ことを明かし、現在の契約では2016年の開催が最後になると話していた。

「エクレストンは話し合いを断固として終了し、2017年以降はイタリアGPをカレンダーから外す考えだった。エクレストンが話をしていた相手は彼の望む金額を提示せず、コース改修のみを提案していた。そこで(イタリア首相の)マッテオ・レンツィとイタリア国際オリンピック委員会(CONI)会長のジョバンニ・マラゴが介入した」

「彼らはエクレストンと会談し、イタリア側としては前向きに契約を結びたいとの考えを伝えた。政府はCONIに資金提供者を見つけるよう指示して、CONIはACIに契約を任せることになった。このため政府は一銭の支払いも行っていない」


 ダミアーニによると、エクレストンは開催権料を減らすことを選択し、結果としてイタリアGP開催が継続されることになったという。

「エクレストンは2800万ドル(約33億円)を要求していたが、最終的には2000万ドル(約24億6千万円)程度まで下げてきた。これはスペインGPやベルギーGPの主催者が支払う額と同程度になる。契約はほぼ終わっており、あとは少しの詳細を決めるだけだ」

「契約期間も話し合いの最中だ。選択肢はふたつで、4年か7年。4年の場合は2020年までの契約となり、7年の場合だと2023年までとなる」

 新契約ではACIがクラブ収入から総額の60%程度となる1200万ドル(約14億円)を支払い、残る40%の800万ドル(約9億4千万円)をモンツァが支払うことが明らかになっている。

 ダミアーニは「開催費用をまかなうためには当然ながらコストを削減し、支出も厳しく見直さなければならないが、ACIのメンバーが支払いをするわけではない」と付け加えている。

(Translation:Akane Kofuji/オートスポーツweb )


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ