最新ニュース

スカンジナビア半島でのF1GP復活を熱望する声

2016.01.31

photo

©LAT

フォトギャラリー


 スカンジナビア半島でのグランプリ開催復活が実現すれば、大きな成功を収めるだろうとザウバーのマーカス・エリクソンは考えている。

 スカンジナビアで最後にF1が開催されたのは38年前の1978年のことで、アンデルストープでのレースが6度目にして最後のスウェーデンGPとなった。

 現在はフィンランド人のキミ・ライコネンがフェラーリ、バルテリ・ボッタスがウイリアムズにそれぞれ在籍しており、スウェーデン人のマーカス・エリクソンがザウバーにいることで、2016年シーズンのF1はスカンジナビア出身ドライバーが3名となる。

 スカンジナビアGP実現の難しさは認めながらも、エリクソンはこの地域の感心の高さをもってすれば、可能性はあるとしている。

 エリクソンは「長いあいだ開催はされていないが、北ヨーロッパでのGPが実現すればこの競技にとって素敵なことになるだろうね。(F1には)スウェーデン人とフィンランド人がいて、スカンジナビアにはモータースポーツの伝統も多くある。だからレースが開催されたらとても良いし、たくさんの人々が見るようになると思う」

「現状では、スウェーデンのような国がレースにかかるだけの金額を支払えるとは思えない。だけど感心は非常に高いとの確信がある」と英国オートスポーツに述べている。


 2014年にケータハムからF1デビューを果たしたエリクソンは、1991年にステファン・ヨハンソンがカナダGPに出場して以来のスウェーデン人ドライバーとなる。

「スウェーデンでは素晴らしく応援してもらっている」とエリクソン。
「僕がデビューする前は、23年間にわたってF1にスウェーデン人がいなかったので、ありがたいよ。とても嬉しいし、自分のリザルトが良くなるにつれて、より多くの人達が感心を向けてくれるのを感じている」と最後に付け加えた。

(Translation:Akane Kofuji/オートスポーツweb )


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ