最新ニュース

F1新規定いまだ決まらず、2月に最後の会合

2016.02.01

photo

©LAT

フォトギャラリー


 先週金曜日の話し合いで結論が出ずに終わった2017年からの新レギュレーションをまとめ上げるため、F1チームのテクニカルディレクターたちは2月中に再び会合を開くようだ。

 全11チームの技術チームの代表者とFIAのチャーリー・ホワイティングは、29日にイギリスのヒースローに集まり、検討中の議題について再検討を行った。あるインサイダーは、このミーティングを前に「より良い案を練り上げるどころか、逆にどんどん収拾がつかなくなっていく」と語っていた。

 この人物とは別の消息筋が明らかにしたところによると、金曜の会議である程度の進展は見られたものの、「いくつかの問題が未解決のまま残っている」という。

 テクニカルディレクターたちは、次の会合で何とかこれらの問題の解決を見出さなければならない。次回の話し合いは、2月23日にジュネーブで行われるストラテジーグループとF1委員会の会合の直前に行われる見通しで、2017年からの新規定について3月1日の期限までに合意するには、それが最後のチャンスになるからだ。この期限をすぎた後に何らかのレギュレーションを決めたり、すでに決まっていることを変更したりするには、全チームが一致して賛成する必要がある。

 金曜の会合での最大の議題は、問題点が指摘されているダウンフォース強化案と、FIAが提案した「ハロ」をはじめとするコックピット保護策の検討だったという。このほか、まだ最終決定を見ていない点として、2018年以降のパワーユニット供給価格についての方針もある。これは4つのエンジン・マニュファクチャラーに対し、現在の2000〜2500万ユーロを大幅に下回る1200万ユーロでカスタマーチームへの供給を義務付けるものだ。

 また、2018年からシーズン中に使用できるギヤボックスの数を1台につき3基までにする案や、来季のタイヤとホイールのサイズ変更による重量増をシャシーの軽量化で相殺すべきかという点も、結論には至っていない。

(Translation:Kenji Mizugaki/オートスポーツweb )


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ