最新ニュース

王座狙うフェラーリ、プルロッド式サスを放棄か

2016.02.01

photo

©LAT

フォトギャラリー


 フェラーリは2016年型マシンデザインにおいてプルロッドフロントサスペンションからプッシュロッド式に戻して王者メルセデスと戦う構えだと伝えられている。

 現在のF1ではプッシュロッド方式が一般的だが、2012年からフェラーリはプルロッドフロントサスペンションを使用してきた。このシステムがF1で採用されたのは2001年にミナルディが使用して以来のことだった。

 しかしSky Sportsなど複数のメディアが、フェラーリは今年、プッシュロッド式を採用する見込みであると伝えている。
 プルロッドとプッシュロッドの違いに関し、F1出場の経験を持ち現在Sky Sports F1で解説者を務めるアンソニー・デイビッドソンは次のように説明している。
「プルロッドは空力面でメリットがあるが、メカニカルスタビリティが損なわれるため、マシンをデザインする上で伝統的に使用される手法ではない」とデイビッドソン。
「一方、プッシュロッドは伝統的なデザインだが、空力面で有利ではない」

 セバスチャン・ベッテルとキミ・ライコネンのドライビングスタイルはプッシュロッドに合っているとSky Sportsは論じている。

 Motorsport.comによると、プッシュロッドは空力および重心の面で不利な部分はあるがマシンのフロント部のハンドリング向上に役立ち、またフェラーリはマシンリヤ部でMGU-K、インタークーラー/コンプレッサーの位置を変更してリヤのトラクション向上を図る見込みだということだ。

 ただし、プッシュロッドへの変更がすぐに効果を発揮するかどうかは明らかではないとの意見もある。Sky F1の解説者テッド・クラビッツは次のように発言している。

「セットアップを変えることで、マシンの他の部分すべてを設計し直さなければならなくなる。フェラーリがプルロッドを選んだのは空力面のメリットを求めたからであり、マシンのリヤ部と共にうまく機能するよう考えられていた」

 2015年、フェラーリはベッテルと共に3勝を挙げ、メルセデスに次ぐコンストラクターズ選手権2位を獲得、今年はさらにその差を縮めることを目指す。

(オートスポーツweb)


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ