最新ニュース

ルノー・インフィニティが誕生?

2016.02.01

photo

©XPB Images

フォトギャラリー


 インフィニティが新生ルノーF1のチーム名称およびタイトルスポンサーとして、ワークスチームに関与するのではないかと報じられている。

 日産の高級車ブランドであるインフィニティは、以前ルノーのワークス待遇を受けていたレッドブルと2011年からマーケティング契約を結び、13年から15年まではタイトルスポンサーとしてダブルタイトル4連覇に貢献してきた。

 しかし、レッドブルは昨年、パワーユニットのパフォーマンス不足を理由にルノーとのパートナーシップ解消を模索。結果的には今シーズンもルノーのPUを使用することになったが、チームのエンジン名称は新たにパートナー契約を結んだタグ・ホイヤーに変更。ルノーもワークスチームに専念することから、レッドブルとインフィニティのコマーシャルパートナーシップは2015年末で終了することとなった。

 そうしたなか、今年からF1に復帰するルノーは、提携関係にある日産のインフィニティブランドをワークスチームに加えたい意向を持っていると、TJ13が伝えている。
 同メディアは、ルノー内部に“アルピーヌ”を利用するアイデアもあったが、現状はインフィニティが望ましいと報じている。

 また、長年マクラーレンを支援しながらレッドブルに鞍替えしたタグ・ホイヤーは今季、RB12のサイドポッドを飾ることになるという。これには、ホンダのパワーユニット供給を阻んだロン・デニスに対するクリスチャン・ホーナーの復讐だという。

 ルノーは、今月3日(水)にフランスのパリでF1に関する発表を行い、チームの正式名称などを明らかにする予定だ。

(オートスポーツweb)


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ