最新ニュース

マグヌッセン、ルノーと契約完了か。3日に発表へ

2016.02.01

photo

©xpb

フォトギャラリー


 ケビン・マグヌッセンがルノーF1のレースドライバーとして今月3日の体制発表で正式に発表される見込みとなった。

 英AUTOSPORTは先週、マグヌッセンがパストール・マルドナドに代わるドライバーとして、ルノーと数日中にも契約を交わす見込みであると報道。その後マグヌッセンは、ジョリオン・パーマーとともにルノーから16年シーズンのF1を戦うという契約書にサインをしたのだという。

 ルノーは、今週水曜日にパリで開催する発表イベントの中で、マグヌッセンとパーマーの起用とともに、これまでARTグランプリの代表を務めてきたフレデリック・バスールがレーシングディレクターに就任することを明らかにすると見られている。

 14年シーズンはマクラーレンのレーシングドライバーを務めるも、15年シーズンはリザーブドライバーとなり、その後チームを離れることになったマグヌッセン。WEC(世界耐久選手権)やDTM(ドイツツーリングカー選手権)のテストに臨むなど今季に向けた活動を模索していたが、再びF1のシートを獲得する見込みとなった。

 一方、昨年9月のシンガポールGPでロータスと今季のドライバー契約を発表していたマルドナドだが、彼を長年支援してきたベネズエラの国営石油企業PDVSAとルノーとの間で支払いをめぐる意見の相違があり、確保していたはずのシートを失うこととなった。

 これにより、マルドナドが今後もF1参戦を続けるために残された唯一のシートは、未だにドライバーラインアップを明かしていないマノーのみとなった。

(オートスポーツweb )


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ