最新ニュース

Fインディア、16歳の開発ドライバーを起用

2016.02.02

photo

©autosport.com

フォトギャラリー


 フォース・インディアがフォーミュラ・ルノーを卒業したばかりのロシア人、ニキタ・マゼピンと契約を交わした。まだ16歳のマゼピンは、今季ハイテックGPとヨーロッパF3選手権を戦いながら、先にチームに加わったメキシコ人のアルフォンソ・セリスとともに開発作業を受け持つことになる。

 フォース・インディアによると、マゼピンは定期的にシミュレーターでの仕事を行い、シーズン中にはいくつかのレースでチームに帯同する。今回の契約は「チームとの長期的な関係の始まり」だという。

「僕はまだ若いし、学ぶべきことも多い。フォース・インディアで得られる指導と経験は、僕の成長にとってとても大切なものだ」と、マゼピンは言う。
「将来の目標はF1でレースをすることにある。この契約によって目標の達成に一歩近づいた」


 マゼピンは2014年のCIK-FIAカート世界選手権で2位に入ったあと、昨シーズンはフォーミュラ・ルノー2.0NECに参戦し、表彰台1回、総合12位の成績を収めた。
 チームボスのビジェイ・マリヤはこう語っている。「このチームは若い才能の発掘と育成にかけては確かな実績がある。ニキタがすでに高い能力と確固たる意志を備えたレーサーであることは明らかだ」

「2016年シーズンは、彼がその能力を人々に示し、F1ドライバーになるために必要なスキルを身につける絶好の機会となるだろう。チームは彼を新しいシミュレーターでの作業に継続的に起用していく予定だ。また、彼はVJM09の開発において重要な役割を果たす、インシーズンテストのプログラムもサポートすることになる」

 フォース・インディアは、今季スペインとイギリスで行われるインシーズンテストのラインナップをまだ決めておらず、マゼピンがそれらのテストでドライブするかどうかも明らかにしていない。

(Translation:Kenji Mizugaki/オートスポーツweb )


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ