最新ニュース

16年型フェラーリに「目立った変更点」とベッテル

2016.02.02

photo

©LAT

フォトギャラリー


 セバスチャン・ベッテルが2016年型フェラーリF1マシンにはいくつか目立つ変更点があると明かした。

 フェラーリとベッテルは昨年3勝を挙げたが、残りの16戦はメルセデスチームが制しダブルタイトル獲得を成し遂げた。メルセデスは合計703ポイントを獲得、ランキング2位のフェラーリの合計ポイントは428点だった。今年フェラーリはこの差を縮め、メルセデスとタイトル争いをすることを目指す。

 2014年終盤にフェラーリ加入が決まったベッテルにとって、今季型はフェラーリで初めて深く開発に関与したマシンということになる。
「去年1年を通してこのマシンの開発に関わってきた。順調に行っていると思う」とベッテルが語ったとAUTO BILD MOTORSPORTが伝えた。
「もちろんタイトルを目標にすべきだ。でも2015年には僕らより優れたチームがひとつあったということを忘れてはならない」

 同誌は、今季フェラーリは短めのノーズデザインを採用し、フロントサスペンションをプルロッドからプッシュロッドに変更、パワーユニットのエレメントの配置を改善、リヤエンドがスリムになったと予想している。

「(新車には)基本的にいくつか変化があって、それは比較的分かりやすいと思う」とベッテルが述べたということだ。

 フェラーリは現時点で2016年型マシン発表日を明らかにしていない。プレシーズンテストは2月22日にスタートする。

(オートスポーツweb)


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ