最新ニュース

特別企画:2016年の新車、気になる疑問あれこれ

2016.02.02

photo

©XPB Images

フォトギャラリー


 いよいよF1新車発表の時期が近づいてきた。「現代においてF1マシンのデザインはひとりのデザイナーの仕事と言えるのか?」「ルール変更は、どんな変化をもたらすのか?」 そんな疑問に元ジョーダンのテクニカルディレクターを務めていたゲイリー・アンダーソンが答えるオフシーズン企画。今回はF1速報webプレミアム会員限定で公開している気になるQ&Aのひとつを紹介しよう。

Q:現代のF1マシンは、本当にひとりの人物によってデザインされたと言えますか? マシンの製作は、大勢の技術者が様々なコンポーネントの設計に携わってると思います。しかし、テクニカルディレクターがそれを取りまとめているという理由でそのマシンを「デザインした」と言うのは公平なことでしょうか?

 どんな船にも船長は必要だ。船長がいなくなれば、もはやその船はどこへ行こうとしているのかわからなくなってしまう。そして、どこへ向かっているのかわからなければ、ある場所へ行く必要があると思っても、どっちへ舵を切ればいいか知りようがない。

 実際のところ、テクニカルディレクターはそのためにいる。その人物は明確なビジョンを持ち、仕事にかかわるすべての人間がその方向に向かって努力をするように導かなければならない。そうなってさえいれば、いつでも方向転換はできるからだ。
 昔から誰かが「ひとりで」F1マシンをデザインしたことなどなかった。

 時代の経過とともに、設計と研究開発に携わる人間の頭数は増え続けてきたが、実際には技術者だけではなくフロアの清掃係まで含めた関係者の全員がチームの成功あるいは失敗の責任の一端を担っている。どんな形であれチームの一員に名を連ねている人は、全員がその功績を認められるべきだと思う。


他にも様々なF1に関するQ&Aを掲載中!続きはF1速報有料サイト
でご覧ください。

Q:パワーユニットは、ふたつの独立したウェイストゲートの排気管によって迫力のある音になる?
Q:今年のエンジンのトークンシステムは、どんな影響を及ぼす?
Q:ピレリの新しいウルトラソフト・コンパウンドは、レースに変化をもたらす?
Q:あなたのアイデアを実現するためにF1を正しい方向へ導く仕事につくつもりはありませんか?
Q:各チームが行う今後のアップデート計画について
Q:誰が乗ってもタイヤにやさしいマシンをデザインすることは可能?
Q:いつごろからF1マシンはこれほど複雑になった?

(Translation:Kenji Mizugaki/オートスポーツweb )


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ