最新ニュース

GP3チャンピオンがルノーのリザーブドライバーに

2016.02.03

photo

©XPB Images

フォトギャラリー


 ルノーは、GP3チャンピオンのエステバン・オコンを2016年のリザーブドライバーにすることを決定したと、英国オートスポーツが報じた。

 昨年11月下旬、メルセデスはオコンの契約オプションを利用し、F1チームの本格的なメンバーにすると決定していた。しかし情報元によるとメルセデスとの話し合いの後、19歳のフランス人ドライバーは、ケビン・マグヌッセンとジョリオン・パーマーの元で、ルノーのリザーブドライバーを務める決断をしたという。

 両チーム間で交渉が成立した場合、3日水曜日にギュイヤンクールに位置するルノーのテクノセンターで行われる公式発表会に、パーマーやマグヌッセンらと共に出席することになる。このイベントでは、オコンが在籍していたART GP3チームで代表を務めていたフレデリック・バスールのレーシングディレクター就任も、同時に正式発表される。


 オコンは2014年のヨーロッパF3と昨年のGP3でタイトルを獲得した輝かしい経歴をもってルノー入りを果たす。メルセデス・モータースポーツ代表のトト・ウォルフは昨年、2016年のオコンの契約はオープンであり、多くの選択肢があるとの発言をしていた。ルノーのリザーブドライバー就任はほぼ確実となったが、現時点でオコンが別シリーズに参戦するかは不明である。

 オコンは昨年メルセデスのリザーブドライバーを務めつつ、DTMに参戦してタイトルを獲得したパスカル・ウェーレインのやり方を踏襲することもできる。またF1に帯同するレースが多いGP2シリーズも可能性のひとつではあったが、除外された模様。昨年オコンは、チャンスがあればDTMに参戦したいと発言していた。

(Translation:Akane Kofuji/オートスポーツweb )


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ