最新ニュース

ルノー、マグヌッセンと新車「R.S.16」を正式発表

2016.02.03

photo

©Sutton

フォトギャラリー


photo

©Renault Sport F1 Team

フォトギャラリー


photo

©Renault Sport F1 Team

フォトギャラリー


photo

©Renault Sport F1 Team

フォトギャラリー


photo

©Sutton

フォトギャラリー


他の写真も表示 全5枚最初の1枚

 2016年からワークス体制でF1活動を再開するルノーが、新チームの体制とニューマシン「R.S.16」を正式発表した。

 2月3日、フランスのグイヤンクール「テクノセンター・ルノー」で行われた発表会は定刻より15分以上遅れてスタートした。まず、ルノー・グループCEOのカルロス・ゴーンが「レースは我々の文化であり、遺産」とF1ワークス参戦の意義を語り、新生F1チームの正式名称は「ルノー・スポール・フォーミュラ1チーム」になると発表。続けてゴーン氏は「3年以内に表彰台の常連へ」と手堅い目標を掲げた。

 続いて、ドライバーが入場。2016年のレースドライバーとしてジョリオン・パーマー、噂どおりケビン・マグヌッセンの起用が正式発表された。リザーブドライバーは2015年GP3チャンピオンのエステバン・オコンが務める。

 新チームでは、ARTグランプリ代表のフレデリック・バスールがレーシングディレクター、シリル・アビテブールがマネージングディレクター、メルセデスやマノーを経て古巣へ復帰したボブ・ベルがチーフ・テクニカル・オフィサーに就任することも、あわせて正式に発表された。

 新しいドライバーたちの手によって、ベールを脱いだ新車「R.S.16」は黒がメインで、ルノーを象徴するイエローがアクセントに使われているカラーリング。ルノー・スポール・レーシング代表のジェローム・ストールは「黒はエレガントで美しい」と語ったが、開幕戦までに変更される可能性も示唆した。

 ニューマシンはテクニカルディレクター、ニック・チェスターのもと設計され、エンジン・テクニカルディレクターはレミ・タファンが担当。エンジンカバーには「インフィニティ」のロゴが描かれ、「R.E.16」エンジンのハイブリッドにはルノーと日産の技術が投入されるという。

(オートスポーツweb)


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ