最新ニュース

マグヌッセン、ルノーと契約したのは「発表の前日」

2016.02.04

photo

©XPB Images

フォトギャラリー


 新生ルノーF1チームは、ケビン・マグヌッセンを2016年のレギュラードライバーとして起用することを正式に発表。“浪人中”だったマグヌッセンがワークスチームの貴重なシートを獲得した。

 デンマーク出身のマグヌッセンは、2014年にマクラーレンからF1デビュー。初戦で表彰台を獲得したものの、2015年はフェルナンド・アロンソが同チームに加入したため、リザーブドライバーに甘んじていた。

 2015年はアロンソの代役として開幕戦に出場したが、トラブルでスタートすらできず、10月にマクラーレン離脱を発表。今後のキャリアを模索していたところ、ルノーとパストール・マルドナドの契約に問題が生じたため、マグヌッセンにチャンスが回ってきた。

 マグヌッセンは英国オートスポーツの取材に対して、「もし2年間、F1のシートが得られなかったら終わりだと思った」と答えている。

「それでもワールドチャンピオンなら、復帰することができるかもしれない。でも僕のポジションで2シーズン実戦から離れたら、それはF1でのキャリアの終わりを意味する。この契約を決めるか、すべてが台無しになるか、どちらかだった。幸運なことに、うまくいったんだ」


 ワークス体制を敷くルノーで、ジョリオン・パーマーのチームメイトとして2016年を戦えることは、とても大きなチャンスだと考えている。

「これは、とんでもなく貴重なことだ。二度目のチャンスを与えられるドライバーは多くない。僕は、めったにないセカンドチャンスをつかみ、しかもトップチームと契約することができた。どんなに幸せな気分か、とても伝えきれないよ。クルマに乗り込むのが待ちきれない」

 マグヌッセンとルノーの契約が正式に結ばれたのは、発表会の前日だったという。両者は昨年からコンタクトをとっていたが、話し合いが加速したのは今年の1月だ。

「ルノー関係者とは昨年から話をしていたが、まずロータス・チームを引き継ぐことが第一だったから、なかなか話が進まなかった。今年に入ってから、また連絡をとりはじめた。実際に契約するまでは、ずいぶん長く感じたし、うまくいかないと思うこともあった」

 マグヌッセンは今季に向けて、ポルシェのLMP1やメルセデスのDTMマシンをテストしている。

「いくつかの選択肢があった。F1以外のレースカーをドライブできたことは、すばらしい経験だったよ。DTMもLMP1も最高だった。でも、F1に復帰することが、僕にとっては一番のゴールだったんだ」

 マグヌッセンは今週の金曜日にシート合わせを行い、ルノーとともに新たなスタートを切ることになる。

(オートスポーツweb )


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ