最新ニュース

ルノー、発表会でレッドブルとの関係継続を示唆

2016.02.04

photo

©XPB Images

フォトギャラリー


 ルノーのマネージング・ディレクターのシリル・アビテブールによると、同社はレッドブルとの関係を2016年以降も継続する姿勢があるとのことだ。

 昨シーズン、レッドブルはパワーユニット提供元であるルノーとの難しい関係に耐えかね、1年前倒しで契約を終了することを選択。新たなエンジンマニュファクチャラー探しに行き詰まり、そもそもは契約の最終年度となっていた2016年シーズンを、新たにタグホイヤー・ブランドのもとで関係を継続することとなった。

 これらの問題を抱えていたにも関わらず、アビテブールはレッドブルとルノーが新たな契約をする可能性を排除していない。アビテブールは新生ルノーF1の新車発表会にて、以下のように述べている。

「我々は1年間の契約を発表したが、さらなる延長の可能性もある。戦略的に利益が望めるならば、これまで常に行ってきたように、レッドブルや他のチームにも引き続き提供をしていく。今シーズンは提供することで戦略上の利益が得られそうなので、そうすることにした。来シーズンも同じことが望めそうならば、提供しない理由はない」

「良い技術があれば、我々がオファーするものに興味を示すチームがあるという確信がある。我々が大きな成功を成し遂げた、V8エンジンを手にしていたときのように。当時はみんながルノーのエンジンを求めていた。今は事情が大きく異なる」

「けれども(ライバルに)追いつくことができれば、(以前と)同じような状況にすることができる。なぜなら我々はカスタマーチームに対し、非常に誠実であるからだ」


 アビテブールはレッドブルに対しても、完全なサポートを提供し、可能なときには最新スペックのエンジンを用意することを約束した。

「完全なサポートというのが、我々と同じエンジンで同じアップグレードという意味合いだとするならば、答えはもちろんイエスだ。まったく同じものを使用することになる。レギュレーションによって寸分違わぬものを提供する義務がある。ただし明確な理由のもと、ブランディングやマーケティングの形式はとらないことにした」

 ルノーに優先権のある事項も、当然ながら存在する。

「我々は常に数多くあるエンジンを管理する必要があり、ルノーとレッドブル、それぞれに対してどのような作業をしているかに関わらず、エンジン導入のタイミングに関して、同期がとれないこともある。しかしルノーの哲学とレギュレーション上の義務という観点から、最終的には同様のスペックのエンジンを用意する。我々のエンジンにアップデートがあるならば、彼らのものにもアップデートがある。正直に言えば、同等の機器を使用するチームがもうひとつあるというのは、素晴らしいことだ」

 アビテブールはレッドブルへの技術サポートも即座に行うとしている。

「サーキットでの出来事には連続性があり、レッドブルのガレージの面々は昨年と同じだ。違うユニフォームになっているだろうが、同じ顔ぶれだ」と語り、レッドブルとの関係が悪いものではないことを示唆した。

(Translation:Akane Kofuji/オートスポーツweb )


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ