最新ニュース

ハースF1、希少な新興チームの成功例となるか

2016.02.05

photo

©XPB Images

フォトギャラリー


 新チームがF1デビューシーズンにポイントフィニッシュを達成した例は、それほど多くない。だが、ハースは自分たちが希少な成功例になれると信じている。果たして、ハースは新興チームの「成功者」と、なれるのか? イギリス人F1ジャーナリストのイアン・パークスが分析する。

 ハースF1チームの代表、ギュンター・シュタイナーの野心は理解しがたいものではない。
 2016年シーズンの幕開けを告げる3月20日のオーストラリアGPでいよいよ自分たちのチームがデビューする時、目標とするのは何かとたずねられて、彼はよくある慎重すぎるほどの見通しを示すのではなく、堂々と高い目標を掲げてみせたのだ。

「ポイントを獲りたいね。予選でQ2に進めれば、レースでポイント圏内に入るチャンスはある。それが私たちの目標だ」
 当然のことながら、シュタイナーの言葉は現実的な予想というよりも願望に近い。だが、そんな望みを口にするだけでも、まだ一度もクルマを走らせていないチームに過度のプレッシャーを与えてしまう可能性はあるだろう。そう考えると、やはり低めの目標を掲げてそれを上回る成績をあげる方が、希望的観測を裏切る結果に終わるよりも、ずっとましなのではないだろうか。あるチームがつまずきを見せた時に、F1ほど情け容赦ない批判が浴びせられるスポーツは他にはないとまで言われているのだから……。

 近年、デビューイヤーでポイントを獲得した例を上げると……レッドブル・レーシング、ブラウンGP、トロロッソ、スパイカーなどのチームがあるのだが、これらのチームはそれぞれジャガー、ホンダ、ミナルディ、ミッドランドF1を前身としているため、今回は除外するとして、本当に何もない状態からスタートしてデビューイヤーにポイントを獲得した例は14年前のトヨタとなる。

 さらに直近の新規参入3チーム、ロータス・レーシング、ヒスパニア、ヴァージンの2010年シーズン開幕戦バーレーンGPでの成績を見れば、新チームの多くが直面する壁の厚さがはっきりと分かる。彼らの6台のマシンのうち、サクヒールでチェッカーフラッグを見ることができたのは、トップから2周遅れで完走したヘイキ・コバライネンのロータス1台のみにとどまったのだ。

 それは彼らの苦難の道の始まりにすぎなかった。ヒスパニア(HRT)は、3シーズンを戦った後、結局1ポイントも獲れないまま撤退を余儀なくされた。ロータスの場合も似たようなもので、彼らは途中で名称をケータハムに変えながらF1に5年間踏みとどまったものの、やはり2014年限りで姿を消した。ヴァージンはその後マルシャ、マノーと名前を変えて生き残っているが、6年間で111戦を戦ってきた中でポイントフィニッシュはたった1度しか記録していない。

 さて、新参者にはしばしば容赦なく牙をむき、常に援軍なき戦いを強いられ、チームが投入できる資金の額がしばしば結果を左右するこのF1の世界で、シュタイナーの願望が実現する可能性はいったいどのくらいであると見積るべきだろうか。

こちらはF1速報webプレミアム会員限定のコラムとなります。続きはF1速報有料サイト
でご覧ください。

ハースF1の人材は実績のある実力派揃い
フェラーリのBチーム?
ペイドライバーは選択せず

(Translation:Kenji Mizugaki/オートスポーツweb )


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ