最新ニュース

ウイリアムズ「マッサの復活はチーム移籍が要因」

2016.02.09

photo

©XPB Images

フォトギャラリー


 フェリペ・マッサの現在のパフォーマンスレベルは、ドライバーズタイトルを争った2008年当時を上回る、とウイリアムズのヘッド・オブ・ビークルパフォーマンス、ロブ・スメドレーが語った。

 今から7年と少し前、当時フェラーリのドライバーだったマッサは、ルイス・ハミルトンからわずか1点差の2位で選手権の戦いを終えた。そして、翌2009年シーズンの後半は、ハンガリーGP予選で負った頭部の負傷のため欠場することになった。

 2010年に選手権に復帰した後、彼はこの2008年に並ぶ成績を残せていなかったが、2年前にウイリアムズへ移籍してから彼のキャリアは再び上げ潮に乗ったように見える。フェラーリ時代に長くマッサのレースエンジニアを務め、その後ウイリアムズに籍を移したスメドレーは、今年34歳のマッサが2008年当時と変わらないパフォーマンスを取り戻したと述べている。

「彼は当時と同じくらいにいいね。何も失っていない」と、スメドレーは英国オートスポーツに語った。
「むしろ、さらに多くの経験を重ねて当時より良くなったとも言える。2008年はタイヤの性能レベルが現在より相対的に高かったし、レースも今とは違ってタイヤのことはあまり考えないで全力疾走だった。過去2年間で、彼はタイヤの使い方についての理解を以前よりもずっと深めている」


「昨年のメキシコで、ウイリアムズのドライバーはどちらもミディアムタイヤでかなり長いスティントを走った。フェリペの方がバルテリ(ボッタス)よりほんの少しデグラデーションが早かったものの、彼らはふたりともものすごくいいペースで走ってくれた」

 スメドレーは、ウイリアムズへの移籍がマッサを「復活」させたファクターのひとつだと考えている。
「パドックの人々にとって、おそらく2014年最大の驚きは、フェリペが再び好成績をあげ始めたことだった。バルテリには明らかに将来が楽しみな才能があり、結果も出し始めていたが、フェリペがチームメイトになったその日から、バルテリも持てる力の全てを発揮せざるをえなくなった。このふたりは全く同じレベルにある」

「フェリペは昔からいいドライバーだった。ただ、ウイリアムズに来てからは、とても居心地が良いと感じているのだと思う。彼は尊重され、高く評価され、耳を傾けてもらえることを必要とする。この3つは人との関係において互いに守るべきごく基本的なことだ。つまり、どうして我々が彼の能力を最大限に引き出せたかというよりも、なぜ他のチームの人々にはそれができなかったかを考えた方がいいんじゃないかな」

(Translation:Kenji Mizugaki/オートスポーツweb )


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ