最新ニュース

マグヌッセン父「マクラーレンよりルノー」と喜ぶ

2016.02.09

 ヤン・マグヌッセンが、息子ケビンがルノー・スポールF1チームと契約し、F1の表舞台に復帰できたことを喜び、昨年まで所属していたマクラーレンよりもルノーの方が息子にとってはいい環境かもしれないと語った。

 ケビン・マグヌッセンはマクラーレンの育成ドライバーとして2013年フォーミュラ・ルノー3.5のタイトルを獲得、2014年に同チームからF1デビューを果たした。開幕戦で2位表彰台を獲得するなど速さを発揮したケビンだが、2015年ホンダとのパートナーシップをスタートさせたマクラーレンがフェルナンド・アロンソを起用するに伴い、リザーブドライバーのポジションに降格され、結局この年の10月にチームから契約終了を告げられた。

 その後、F1復帰のためいくつかのチームと交渉した後、ケビンはパストール・マルドナドの後任という形で新生ルノー・スポールF1チームと契約することに成功した。


 元F1ドライバーで近年はル・マン24時間レースやデイトナ24時間レースに参戦しているヤン・マグヌッセンは、3日のルノーの体制発表会の模様を母国デンマークで見ていて感激したと述べた。

「彼(ケビン)がステージに出てくるのを見て嬉しかった。あのレーシングスーツを着ている彼を見るのは初めてだったこともあって感激したね」と父ヤンが語ったとデンマークのテレビ局TV2が伝えた。

「こうなることは知っていたけれど、それでも彼が他のメンバーと一緒に出てくるのを見て感動した」
「マクラーレンとの間で状況が悪くなり始めてから、ずっと(シート獲得のために)動いていた。そして最終的にルノーのシートを得た。彼がチャンスをつかみ、復帰できたことを心の底から喜んでいる」

 マグヌッセンSr.は、今年新たにF1ワークスチームとしてのスタートを切ったルノーの環境の方がマクラーレンよりも息子にとってはいいと考えている。

「この選択は最初の(マクラーレンという)選択よりもうまくいくかもしれないよ。ルノーではチームと一緒に何かを築き上げていくことができる。彼らは今は勝ち目のない状態であり、それが彼にとってはいいことだと思う」とヤン。

「ケビンはルノーに加入し、今とてもいい環境にいる。彼らは数年後にはワールドチャンピオンになれるかもしれないんだ」

(オートスポーツweb)


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ