最新ニュース

マクラーレンMP4-31が全クラッシュテストに合格 「次はコースデビュー!」

2016.02.10

photo

©XPB Images

フォトギャラリー


 マクラーレンは、2016年型マシンMP4-31がクラッシュテストに合格し走行テストを開始する態勢が整ったことを発表した。

 ホンダのパワーユニットにスイッチしたマクラーレンは、2015年低迷し、チーム史上最悪のコンストラクターズ選手権9位に終わった。
 挽回を果たしたい今年、マクラーレンとホンダは“サイズゼロ”のコンセプトを維持し、これをよりよい形で活用できるよう改善して2年目のシーズンに挑む。

 1月末にヨーロッパの一部メディアが今季型マクラーレンがクラッシュテストに合格したと報道したが、この際にはチームからは何のコメントもなされていなかった。そして今月9日、マクラーレンはTwitterを通して、マクラーレン・ホンダMP4-31がすべてのクラッシュテストに合格し走行テストをスタートする準備が整ったと発表した。

 新車発表は21日に行われ、プレシーズンテストはスペイン バルセロナにおいて翌22日にスタートする。

 マクラーレン・ホンダのレースドライバーは昨年に引き続きフェルナンド・アロンソとジェンソン・バトンが務め、新たにリザーブドライバーの座にストフェル・バンドーンが就く。テストのドライバー担当スケジュールはまだ明らかになっていない。

 今季参戦する11チームの中で、クラッシュテストにパスしたことが明らかにされていないのはレッドブルのみとなっている。

【関連記事】新車発表ラッシュ間近!各チームの進捗状況と予定


(オートスポーツweb)


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ