最新ニュース

ウェーレイン、マノーでF1デビュー確定か。独紙報じる

2016.02.10

photo

©XPB Images

フォトギャラリー


 ドイツのBild紙が、パスカル・ウェーレインがマノーと契約を結び、今年F1にデビューすることが決まったと10日報じた。

 今季レースドライバーが決定していないF1チームはマノーのみ。その空いた2席を何人ものドライバーたちが争っているものと考えられている。

 その中のひとり、ウェーレインは、ドイツ出身21歳、2015年にはDTMでタイトルを獲得し、メルセデスF1チームのリザーブドライバーも務めたドライバー。メルセデスは彼のF1参戦を望み、今年パワーユニットを供給するマノーで彼のシートを確保するために動いてきた。
 ただ昨年末の時点でメルセデス・モータースポーツのボス、トト・ウォルフは、マノーに乗るには莫大な資金を持ち込む必要があり、その額はとても応じられないようなレベルであると示唆していた。

 しかし10日、Bild紙は、ウェーレインがマノーで走ることが決まったという情報を入手したと伝えた。近日中に正式発表が行われる見込みであり、ウェーレインとメルセデスの関係は今後も継続すると同紙は報じている。

 マノーのドライバー候補としては、他にインドネシア政府が支援するリオ・ハリアント、昨年レースドライバーを務めたウィル・スティーブンス、ロベルト・メリ、アレクサンダー・ロッシが挙げられている。ロッシは最近、マノーとは今も交渉中であり見通しは明るいと発言している。

(オートスポーツweb)


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ