最新ニュース

メルセデス「スプリットターボが成功の鍵」

2016.02.10

photo

©LAT

フォトギャラリー


 メルセデスAMGのエンジン部門のマネジングディレクター、アンディ・コーウェルが、メルセデスの成功を支える大きな要因のひとつはパワーユニットのスプリット・ターボ方式であると認めた。

 2014年F1にパワーユニットが導入されて以来、メルセデスは圧倒的強さを発揮している。同社のパワーユニットにはコンプレッサーをエンジン前部、タービンをエンジン後部に分けて配置する、独特のスプリット・ターボ方式が採用されている。

 このスプリット・ターボデザインの効果は過大評価されていると思うかという問いに対し、コーウェルは「過大評価だとは思わない」と答え、この方式が大きな効果を発揮していると認めた。

「このデザインを採用するという決断に導いた、ポジティブな要素がたくさんある。ひとつの理由で選んだわけではない。たくさんの理由に基づいて、自分たちが魅力的だと考えるものを作るために選んだ」とコーウェルが述べたとF1iが伝えた。

「反対理由は、『とてつもなく難しい』ということだ。議論する中で、これで行くべきだ、と主張するようなひとつの大きな理由があったわけではない。やるべきだ、という中くらいの理由がたくさんあった」

「反対意見として、『一体全体どうやって成功させるんだ?』という疑問が呈された。あまりにも課題が大きすぎるとね。だが不可能だと考える理由はなかった。やったことがないというだけだった。それにすごく面白いしね」

(オートスポーツweb)


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ