最新ニュース

ウォルフ「マノーのウェーレインは実力でF1に来た」

2016.02.13

photo

©XPB Images

フォトギャラリー


 メルセデスが支援してきたパスカル・ウェーレインとエステバン・オコンが、今季マノーのレースドライバーとルノーのリザーブに起用されたことについて、トト・ウォルフは、実力のある若手がF1に乗れるようになるのは喜ぶべきことだと述べた。

 メルセデスのリザーブドライバー、ウェーレインは、昨年DTMで史上最年少のチャンピオンに輝き、今季はマノーでレースに出場することが正式に発表されている。また、GP3チャンピオンのオコンは今年からワークスチームとなるルノーのリザーブを務めながら、メルセデスの一員としてDTMにも参戦することが決まった。

 近年グリッドの下位チームはいずれも厳しい財政状況にあり、その多くが大きなスポンサーを持つドライバーと契約せざるをえなくなっている。
 メルセデスのボス、ウォルフは次のように語った。「若いドライバーたちが実力本位でF1に起用され、才能を正しく評価する仕組みが機能するというのは、たいへん喜ばしいことだ。パスカルとエステバンは、若手のトップドライバーたちの中でその実力を証明してみせ、それぞれが昨年参加したシリーズのチャンピオンとして2016年を迎える。彼らにはまだ学ぶべきこともたくさんあるが、そのためにしっかりと地に足をつけて、謙虚な姿勢を忘れずに新たなシーズンに臨むことだろう」

「今年は彼らにとって重要な年になる。我々は強い関心を持って彼らの進歩を見守るつもりでいるし、ジュニアプログラムの拡大も考えている。2016年にパスカルとエステバンが新たなチャレンジに取り組むことになるのをうれしく思う」

「我々の狙いは、できる限り最善の環境で彼らに経験を積ませることにあった。そしてマノーやルノーとの建設的な話し合いを通じて明らかになったのは、彼らのF1プログラムがそれを達成するのに理想的な機会を提供してくれるということだった」

(Translation:Kenji Mizugaki/オートスポーツweb )


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ