最新ニュース

F1を支える職人技/ミハエルの靴を巡るエピソード /イタリア特派員レポート特別編

2016.02.13

photo

©LAT

フォトギャラリー


photo

©Yuko Noguchi

フォトギャラリー


photo

©Yuko Noguchi

フォトギャラリー


photo

©Yuko Noguchi

フォトギャラリー


他の写真も表示 全4枚最初の1枚

 イタリア在住の野口祐子氏による特派員レポートの特別編。「フェラーリのためのスペシャルシート」で紹介したスケドーニは、革製品のプロフェッショナル。フェラーリとの関係はシートのみに、とどまらない。今回はF1速報webプレミアム会員限定で公開しているミハエル・シューマッハーのシューズにまつわる話を紹介しよう。

○ ○ ○ ○ ○

 時は2001年、シューマッハーがフェラーリで悲願のドライバーチャンピオンに輝いた翌年のこと。フェラーリのレーシング部門の担当からスケドーニに連絡があった。

「実は、ちょっと困ったことになっているんだ」

 2000年の鈴鹿、日本GPで優勝を果たしてタイトルを決め、体じゅうで喜びを表したシューマッハー。イタリア中がフェラーリの優勝に狂喜した。シューマッハーがジャン・トッドに抱き上げられ、子供のようにはしゃいでガッツポーズをしている写真が世界中のメディアを駆け巡った。

 しかし、その写真が問題だった。ミハエルとジャン・トッドが喜びをわかちあっている、臨場感が伝わってくる良い写真だ。見ていると、そのときの感動が蘇ってくる。

 シューズをよく見ると、かかとの補強器具が写っている。そしてスポンサーであるナイキのシンボルマークが、その補強器具で隠れてしまっているのだ。シューマッハーは1999年イギリスGPの事故で右足を骨折、当時まだ足の具合が良くなかった。「運転するときに、かかとの部分が痛い。どうにかならないだろうか?」と、ミハエルはスケドーニにリクエストした。

 彼らは、すぐにカーボンファイバーで型取りをはじめ、シューマッハーの足型を研究して補強を施した。少しは優勝の役に立てたのかなと、イタリアからの応援団として大変うれしかったと言う。

 だが、その補強が大事なスポンサーのロゴを隠してしまった……。ドライバーが運転しやすい環境を作るのが彼らの仕事。だが、スポンサーの気持ちも理解できる。もちろん補強を取るわけにはいかない。

続きはF1速報有料サイト
でご覧ください
隠れてしまっていたロゴ部分を付け足し
スポンサーにまつわる、スケドーニのマークの話

(野口祐子/Yuko Noguchi)


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ