最新ニュース

メルセデスは3本。新排気システム 各チームの選択に注目

2016.02.17

photo

©autosport.com

フォトギャラリー


 F1のエンジン音を改善するため、2016年に向けてエキゾーストシステムの規則が変更された。これに伴い、各チームは排気口の数をふたつにするか3つにするか、それぞれ選択することができる。

 2014年に導入された1.6リッターV6ターボパワーユニットはサウンドの面で魅力がないとの指摘がなされてきた。これを受けてFIAは、エンジン音の改善を狙い、エキゾーストデザインを変更することを決めた。2016年のマシンにはタービンとウェイストゲートそれぞれのエキゾーストパイプを設けなければならないとの規則が定められた。

 2016年F1テクニカルレギュレーション5.8.2条には次のように記されている。

「エンジンの排気システムは、ひとつのタービンテールパイプ出口とひとつかふたつのウェイストゲートテールパイプ出口を備えていなければならない。これらはすべて後方に向けられ、すべての排気ガスはそこを通過しなければならない」
「タービンからの排気ガスはすべてタービンテールパイプのみを通らなければならず、ウェイストゲートの排気ガスはすべて(1本か2本の)ウェイストゲートテールパイプのみを通らなければならない。テールパイプを他のテールパイプの内側に収めることはできない」

 メルセデスは15日、新車W07のエンジン音を披露、その動画にはエキゾーストシステムも写っており、ここからメインの排気管プラス2本のウェイストゲートのパイプを備えたものであることが分かる。

 ウェイストゲートの排気口をひとつにするのかふたつにするのかは、各チームが決めることができる。
 メルセデスAMGハイパフォーマンス・パワートレインズのマネジングディレクター、アンディ・コーウェルはF1iに対し、カスタマーチームもそれぞれがパイプの数を選択するとして、各チームの選択がどうなるのか興味深いと述べている。
 現時点で他のチームがどういうデザインを採用したかは明らかになっていない。

(オートスポーツweb)


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ