最新ニュース

ホンダ「新PUの信頼性不足は深刻」との報道を否定

2016.02.18

photo

©LAT

フォトギャラリー


 2016年のホンダF1パワーユニットが、ファクトリーでのテスト段階で頻繁にトラブルに見舞われているとスペインメディアが報じたが、こういった報道をホンダ側は否定した。

 ホンダは2015年、マクラーレンのパワーユニットサプライヤーとしてF1に復帰した。しかしマクラーレンMP4-30・ホンダは信頼性、パフォーマンスともに低く、チームはコンストラクターズ選手権9位と低迷した。

 今季大きな前進を目指すマクラーレンとホンダは、リヤのボディワークをタイトに絞り込んだ“サイズゼロ”というアグレッシブなコンセプトは維持しつつ、さまざまな改善を図る。ホンダF1プロジェクトの新井康久総責任者は、今年はターボのサイズを少し大きくし、MGU-Hを改善するなどの修正を行うと述べている。

 しかしスペインのMarcaは、マクラーレンのシャシーと共にファクトリーでテストをしている段階で、ホンダの今季パワーユニットにはパワーの向上は見られるものの故障が相次ぎ、信頼性に不安があると16日に伝えた。トラブルの原因は主にターボであり、オーバーヒートの症状が出るということだ。17日にMarcaは、マクラーレンは走行距離を稼ぐことを重視しテスト序盤に2015年型のパワーユニットを使用することを検討しているとも報じている。


 一方こういった報道をホンダのスポークスパーソンが否定したと、Pitpassが17日に伝えた。
「ホンダのパワーユニットのパフォーマンスと信頼性に関する報道は事実無根であり推測にすぎません」とスポークスパーソンがPitpassに述べたということだ。
「ファンにもメディアにもそのように認識してくださるようお願いします」
「バルセロナでの8日間のテストを終えるまでは、自分たちの位置を正確に知ることはできません。それまでは詳しい情報はありません」
「再びコースを走るのを楽しみにしています」

 マクラーレン・ホンダは今季プレシーズンテスト初日の前日21日に新車MP4-31を披露する。プレシーズンテストはバルセロナで2月22日から25日と3月1日から4日の合計8日間行われる。

(オートスポーツweb)


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ