最新ニュース

ニューエイ、今季も相談役としてチームに関与

2016.02.19

photo

©XPB Images

フォトギャラリー


 レッドブルのクリスチャン・ホーナーによれば、エイドリアン・ニューエイの2016年のF1プロジェクトへの関与は、昨年と同様にディテールよりも全体的なコンセプトを見渡すものになるという。

 チーフテクニカルオフィサーを務めるニューエイは、昨年からチームの日常的な業務の最前線を退き、部下たちの相談役のような立場で仕事をしている。

 昨年、レッドブルは2008年以来の未勝利でシーズンを終え、今季もTAGホイヤーの名を冠したルノー製エンジンでの厳しい戦いが予想されている。それでもなお、チームはニューエイに再び現場に深く関与することを求めるつもりはないという。

「エイドリアンは昨年のクルマを作った時と同様の形で、新車のプロジェクトに関わってきた」と、ホーナーは言う。
「彼はすでに日常的な仕事やテクニカルチームの管理からは一歩引いた立場にあり、これまでにいくつかのプロジェクトを監督したが、どれもたいへんうまくいった」

「エイドリアンはクルマのディテールよりもコンセプトを見ながら、部下を指導してアドバイスを与えている。昨年のデザイン作業ではこのやり方が見事に機能した。そうして優れたクルマを作り上げたことで、テクニカルチームはさらに能力と自信を高めつつある」

「まだ(完全な代替わりではなく)中間的な形だが、それでうまく機能しているし、今年も彼は同じような立ち位置で仕事をすることになるだろう」

(Translation:Kenji Mizugaki/オートスポーツweb )


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ