最新ニュース

フェラーリ新車分析:攻めたリヤ部分は勝算ありか

2016.02.20

photo

©Ferrari

フォトギャラリー


photo

©Ferrari

フォトギャラリー


photo

©Ferrari

フォトギャラリー


photo

©Ferrari

フォトギャラリー


photo

©Ferrari

フォトギャラリー


他の写真も表示 全5枚最初の1枚

 技術ウォッチャーの世良耕太氏が、2月19日にオンラインで発表されたフェラーリの新車をチェック。2015年型との比較から、ニューマシンの狙いを探る。

__________

 クラッシュテスト要件との絡みだろうか、フェラーリはフロントにプルロッド式のサスペンションを採用しているがゆえ、2015年シーズン中にショートノーズに切り換えることは不可能だったと伝わる。真偽のほどは定かではないが、2016年のSF16-Hはプッシュロッドへの切り換えとショートノーズ化をセットで実施した(写真1枚目)。

 2015年の旧車(写真2枚目)と対比させてみると、上下サスペンションアームのレイアウトは大きく変わっていないものの、プルからプッシュへの切り換えにともなってロッドの角度が大きく変わっているのがわかる。また、先端の突起は邪魔だが、ショートノーズ化にともなってノーズ下に相応の空気の通り道が確保できていることが確認できる。

 新旧の車両を俯瞰してみよう(写真3枚目と4枚目)。ノーズが極端に短くなっているのが、よくわかる。それより目を引くのが、エンジンカウルの絞り込みだ。パワーユニットや冷却系の性能改善およびパッケージング面で、相当の進化があったことを窺わせる。フロア後端に向けた空気の流れが良くなっているように見える。狙いどおりなら、ディフューザーの機能が高まってダウンフォースが増大するはずだ。

 スタジオ撮影写真をよく見ると、メインのテールパイプの下部脇に、ウェイストゲート専用の小さなパイプを確認することができる。おそらくメインのパイプを挟んで左右対称に2本レイアウトしているのだろう。先に動画で公開したメルセデスAMG W07と同様のソリューションだ。

__________

「新車分析」はF1速報のオリジナル企画です。すべての記事をチェックするにはF1速報webの連載メニューから、一覧へ。

(世良耕太/Text : Kota Sera)


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ