最新ニュース

フェラーリ新車分析2:インダクションポッド周辺

2016.02.20

 技術ウォッチャーの世良耕太氏による、2016年のニューマシン分析。フェラーリSF16-Hは最初の分析に続いて、今回は「インダクションポッド」に注目する。

__________

 フェラーリSF16-Hのインダクションポッド(エンジン用の吸気取り入れ口)後方はフラットになっておらず、くぼんでいる(写真2枚目・矢印)。これは、カメラマウントの後方にあるウイング下面にも豊富に空気が流れるようにして、効果を高めるためだろう。

 インダクションポッド後方のウイング(写真3枚目)は、その形状から、空気を下向きにする役割が与えられているのがわかる。局所的にはリフト(車体を持ち上げる方向の力)が発生するが、この位置を流れる空気が下向きになることでリヤウイングに向かう空気が増え、車両全体で見るとダウンフォース(車体を路面に押さえつける方向の力)発生量は増える。

 あるいはストレート走行中に、このウイングで乱れた空気を発生させてリヤウイングにあて、リヤウイングの機能をストールさせる(と、ドラッグが減って最高速が伸びる)役割を持たせているのかもしれない。コーナリング中は乱れた空気があたらないようにして、リヤウイングを正規に機能させる。

 どちらにせよ、重要な役割を担ったアイテムに違いない。

__________

「新車分析」はF1速報のオリジナル企画です。すべての記事をチェックするにはF1速報webの連載メニューから、一覧へ。

(世良耕太/Text : Kota Sera)


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ