最新ニュース

ニューエイ「自信作RB12のテーマは“調和”」

2016.02.22

 レッドブル・レーシングは、2016年型マシンRB12・タグホイヤーをプレシーズンテストがスタートする22日に初披露した。チーフテクニカルオフィサーのエイドリアン・ニューエイは、規則変更がほとんどない今年、改善可能なエリアを見つけるのは難しかったが、細かい部分にまで目を向けて全体をひとつのパッケージとしてうまく調和させることを目指したと語った。

「マシンのどのエリアに一番満足しているかとよく聞かれるが、今年はレギュレーションがほとんど変わらなかったので、大きく活用できるような新しいエリアを見つけるのは難しい」とニューエイは、RB12の発表に際して語った。

「そのためこのマシンに関しては、すべてのエリアをひとつのパッケージにうまくまとめあげることに集中した。サスペンション、シャシーダイナミクス、エアロダイナミクス、そういったすべてのものが調和してうまく機能するよう、心がけた」

「去年学んだことをベースにしてさらなる改善を果たせたと思う。シミュレーションのデータのすべてが、今年のシャシーは強力であることを指し示している」

 空力部門責任者のダン・ファローズも、ファクトリーで得たデータから好感触を持っていると述べている。

「風洞とCFDが示すデータは心強いものだ。非常に大きな前進を遂げたと思う」
「RB12には、RB11の好調さを維持してくれることを期待している。(去年は)望んでいたような結果は出せなかったが、シャシーの基礎が優れていたことは誰もが知っている。それを維持していきたい。さらにこのマシンがいいベースとなって、パワーユニットのアップグレードを得てさらなる前進を遂げられることを期待している。空力面をはじめありとあらゆる面においてね」

 2010年から4年連続でダブルタイトルを獲得してきたレッドブルだが、2015年は1勝もできずコンストラクターズ選手権4位に沈んだ。昨年不満を示していたルノーのパワーユニットを継続して使用することになったものの、今年は優勝争いに加われる位置に戻ることを目指す。

(オートスポーツweb)


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ