最新ニュース

合同テスト開幕、マクラーレンは徐々に走行重ねる

2016.02.22

 22日、2016年シーズンの到来を告げる第1回合同テストがスペインのバルセロナ・サーキットでスタートし、新規参戦のハースを加えた全11チームが今季初走行を行った。

 早朝9時(現地時間)のテスト開始を前に、ルノー、フォース・インディア、トロロッソ、マノーの4チームが新車を初公開。すでに前日までに新車発表を終えているメルセデスAMGやフェラーリ、マクラーレン・ホンダ、ハースなども実車を初めて披露した。

 ダンプ状態で始まったテストは、各車インターミディエイトタイヤで走行を始めたが、徐々にコンディションも回復し、早くもドライタイヤでの走行がスタート。セバスチャン・ベッテルがステアリングを握ったフェラーリはさっそく空力測定用のテストパーツを搭載するなど早くもテストプログラムを開始。また、ディフェンディングチャンピオンのメルセデスもルイス・ハミルトンのドライブで積極的に周回を重ねており、開始約3時間で45周以上を記録、タイムでもベッテルのフェラーリとともにライバルをリードしている。

 注目のマクラーレン・ホンダは、開始早々に1周した後、小さなメカニカルトラブルに見舞われたが、その後は走行を再開。ジェンソン・バトンが15周を走り、トップから約2.5秒落ちのタイムを記録している。

 テストは13時に一度ランチ休憩をはさみ、18時(日本時間26時)まで行われる予定となっている。

(オートスポーツweb)


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ