最新ニュース

新生ルノーにトラブル。パーマー、意気消沈

2016.02.23

 22日、スペイン バルセロナで2016年プレシーズンテストがスタートした。今年からF1にワークス参戦を果たすルノー・スポールF1は、ジョリオン・パーマーによりR.S.16のコースデビューを果たした。

 この日の天候は、午前中は曇り、序盤はダンプ状態だったがすぐにドライとなり、午後は快晴となった。パーマーは37周を走り、ミディアムタイヤで1分29秒356を記録、タイムとしては11人中最下位となった。

 テクニカルディレクターのニック・チェスターによると、この日、ソフトウェアを中心に多数の問題が発生したため、パーマーは十分に走行できなかったということだ。

 新生ルノーからF1デビューを果たすパーマーは、レギュラードライバーとしての走行初日について「こんな初日になるなんてがっかりだ」と語った。

「困難で厄介な一日だった。37周どまりだったが、本当はもっとたくさん走りたかった」

「チームの皆が一日中、なんとか解決しようと努力し、徐々によくなっていった。今夜のうちに解決して明日朝9時からコースインできるようにしたい」

「F1テストは今年12日から8日に減らされた。なのに僕はそのうちの1日で37周しか走れなかった。理想的な状況とはいえない。きついよ」

「(ルノーの前身ロータスのリザーブドライバーだった)去年はかなり走りこんだ。今年のマシンは昨年型の進化版だからそれほど感触は変わらない。それでもパフォーマンスランができなかったのは悔しい」

「でも僕の担当日はあと3日ある。これからたっぷり走れるはずだ」

 翌23日もパーマーが走行を担当する。

(オートスポーツweb )


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ