最新ニュース

Topic:いきなり出遅れたルノーとトロロッソの憂鬱

2016.02.24

photo

©XPB Images

フォトギャラリー


 ウインターテストといえば、ひっきりなしの赤旗中断が普通。コース上にマシンが立ち往生して、1日に7〜8回セッションが中断されることも珍しくない。ところが今年のバルセロナ合同テストでは、初日の赤旗はハースのロマン・グロージャンが、フロントウイングを飛ばして止まってしまった1回だけだった。

 それが2日目になると、午前中にトロロッソのマックス・フェルスタッペン、午後にルノーのジョリオン・パーマーが相次いで止まり、赤旗中断となった。それでも例年に比べれば、ずっと少ない。一昨年からF1に導入されたパワーユニットが成熟し、信頼性が向上したことが一番の理由だろう。

 しかし、ルノーのトラブルはターボが原因だった。初日は制御系ソフトの不具合で満足な走行ができていない。トロロッソは現時点で原因が特定できていないが、同じく初日にはギヤボックスにトラブルが出ていた。

 両チームに共通するのは、ギリギリまでパワーユニットの供給先が決まらなかったことである。トロロッソはルノーから1年落ちのフェラーリにスイッチ。ルノーはメルセデスを搭載していたロータスの買収に手間取った。その結果、ともに車体とのマッチングの点で、かなりの妥協を迫られている。

 テストで起きた両チームのトラブルに、そのハンデがどれだけ影響しているかはわからないが、ともに新車が完成したのは走行初日の明け方だった。トロロッソはカラーリングを施す余裕もなく、ほぼ真っ黒の車体。ルノーは朝8時になっても、電気カッターで何かを切断する音が、閉め切ったガレージ内から聴こえていた。一方メルセデスは、テスト1週間前に余裕のシェイクダウンをシルバーストンで行っている。F1界でのスタートの遅れを挽回するのは難しい。出遅れたチームは、ここから巻き返すことができるだろうか。

(柴田久仁夫/Text : Kunio Shibata)


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ