最新ニュース

ハース代表「フェラーリPUは開幕戦前にさらに進化」

2016.02.24

photo

©XPB Images

フォトギャラリー


 フェラーリは開幕戦オーストラリアGPよりも前の段階で、進化したパワーユニットの投入を計画している。

 バルセロナで行われている初のプレシーズンテスト、ハースはフェラーリの最新パワーユニットを搭載し走行している。またザウバーも、2015年型のマシンにフェラーリ製パワーユニットを搭載しテストを実施している。

 今季はエンジンの開発範囲が増えたため、昨年と比較するとマニュファクチャラーはシーズンを通してより自由にエンジンを進化させることができる。22日のテスト開始から、3月18日にメルボルンで開催される開幕戦最初のフリー走行までの時間はわずかではあるが、フェラーリのパワーユニットには開幕戦前にアップデートが予定されている。

 このフェラーリの計画は、ハースのオーナーであるジーン・ハースの発言によって明らかになった。

「現在走らせているエンジンのパッケージは、メルボルンで使用するパッケージではない。今のものはどちらかと言うとテスト用なので、(開幕戦では)少し異なるものになる」とハースは話している。

 カタロニア・サーキットでのテストでハースチームが搭載したパワーユニットと、フェラーリがテストで使用したものが同じであるかとの質問に対しては「分からない」と答えている。


「彼らは(昨シーズン以降)多くの変更を加えてきており、全く新しいエンジンであると聞いている。特徴の異なるパッケージのエンジンを持ち込んでいて、(テスト中は)信頼性が確実であることを確かめている可能性がある。すべてのエンジンに異なるバリエーションがあるということも、想像できる」

「彼らが我々に望むのは周回を多く重ねることと、持ち帰って調査して、設計に問題があるかどうかを確認することだけだ」

 パワーユニット以外の面では、オーストラリアに持ち込むマシンはほぼ現状通りになるとハースは言う。

「シャシーはホモロゲーションを受けているので、メルボルンに持ち込むものは今と大差ないものになる。信頼性向上のためにフロントウイングを少し変更する可能性はあるが、メルボルンで走るマシンはここでお見せしたものと同じものになるだろう」

(Translation:Akane Kofuji/オートスポーツweb )


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ