最新ニュース

「最後は一騎打ち」来季に向け新予選方式を採択

2016.02.24

photo

©XPB Images

フォトギャラリー


 来季からこれまでとは大きく異なる予選方式を採用することで、F1の首脳陣が意見の一致を見た。23日にジュネーブで開かれたストラテジーグループとF1委員会の会合を経て、予選をより「刺激的」にすることを目指したこの新方式が全会一致で採択されたという。

 予選が合計約1時間のセッションとして行われ、3つのセクションに分割されることはこれまでと変わらない。大きな違いは、ドライバーたちが各セクションで「ノックアウト」されるまでコースを走り続けなければならないことだ。

 新方式の実施についてはまだ細部の詰めが必要だが、合意された大筋は以下のとおりだ。

 ●Q1は16分間。7分が経過した時点で持ちタイムが最も遅いドライバーは、それ以降セッションに参加できない。その後、90秒ごとにひとりずつ最も遅いドライバーが退場していき、Q1終了時点で残りは15人になる。

 ●短いブレークを挟んで、15分間のQ2が始まる。ここでは6分が経過した時点で最も遅いドライバーがノックアウトされる。そしてQ1と同様に90秒ごとにひとりずつ減っていき、Q2終了時には8人が残る。

 ●Q3は14分間。開始5分後から、Q1、Q2と同じように最も遅いドライバーが順次退場し、最後の90秒間で残った2人のドライバーがポールポジションを争うことになる。

 この変更は3月4日に行われる世界モータースポーツ評議会の承認を経て、正式決定となる。

(Translation:Kenji Mizugaki/オートスポーツweb )


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ