最新ニュース

ドメニカリ、3月からランボルギーニのCEOに就任

2016.02.24

photo

©xpb

フォトギャラリー


 2014年までフェラーリのチームプリンシパルを務めていたステファノ・ドメニカリが、3月15日付けでランボルギーニの社長兼CEOに就任することが発表された。

 1991年にフェラーリに加入したドメニカリは、順調に昇格を重ね、2003年にはスポーティング・ディレクターに就任。ミハエル・シューマッハーとの黄金時代を過ごした後の08年に現FIA会長のジャン・トッドからチームプリンシパルの職を引き継いだ。

 しかし、14年シーズン序盤にフェラーリを離脱。その後、アウディで新規事業部門の副社長に就くとともに、FIAのシングルシーター委員会の責任者を務めてきた。

 そして今回、アウディ傘下となるランボルギーニのCEOに就任することになったドメニカリ。発表にあたっては、次のようにコメントしている。

「偉大なものを受け継ぐというチャレンジを引き受けることに、とてもワクワクしているよ。私の今の義務は、前任者のステファン・ウィンケルマンがランボルギーニにもたらした成功を続けていくことだ」

 なお、ランボルギーニの現CEOであるウィンケルマンは、3月15日付でアウディ傘下のクワトロGmbHのCEOに就任することが発表されている。

(オートスポーツweb)


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ