最新ニュース

ホンダ密着:トラブル発生も気持ちは前向き

2016.02.25

photo

©XPB Images

フォトギャラリー


「残念でした」
 3日目のテストを終了した後、ガレージ裏に現れホンダの中村聡チーフエンジニアはそう言って、ため息を漏らした。
 バルセロナで行われているテストは、9時から13時までの午前セッションと、14時から18時までの午後セッションの4時間ずつ2つのセッションにわかれている。途中に1時間の休憩時間を設けているのは、コースマーシャルたちのランチタイムである。

 この日のホンダのテストプログラムは、前日から引き続き、今シーズン用のエネルギーマネージメントやその変更に適応した新しい制御系、そしてクーリング性能をいろいろ変えてデータ取りをすることだった。

「昨年は回生が足りずに、レース中にデプロイが切れてしまうことが少なくなかった。でも、今年のパワーユニットは去年よりも回生が改善されているので、昨年とは違う使い方ができるようになっています。したがって、それにあわせて我々もエネルギーマネージメントなどを新しくしなければなりません」と中村チーフエンジニアは語った。

 そして、そのテストプログラムは、午前の走行で45周を走り込み、順調に消化していた。
 ランチタイム後の走行では、午前とは異なる仕様で走らせ、セッション後半にロングランを予定していた。ところが、ロングランに向けた最終チェックを行っている最中に、ハイドロ系のオイルが漏れ、バトンのマシンは止まってしまい、3日目のテストはチェッカーフラッグが振られる前に終了となった。


「初日は初期の基本的な機能確認をし、2日目から本格的に今年のパワーユニットの性能にあわせたエネルギーマネージメントをいろいろと試し始めて、3日目に実際にレースを想定したマネージメントをいくつか試して、3日目の最後にロングランで新しくしたエネマネ(エネルギーマネージメント)などの感触を掴みたかったんですが、その前に止まってしまいました。レーススタートの手順なんかも試したかったんですけど……」

 午後のセッションはわずか6周。3日目の周回数は51周に終わった。この日、最後に予定していたロングランは30周を3回。前日にアロンソが走破した119周を大きく上回る予定だった。

 残念な結果に終わったが、中村は「トラブルは出ましたが、気持ちはかなり前向きです」と語った。
「明日はT1(テスト1回目)最終日。どんなメニューが残っているのかをお互いに確認しながら、明日のラン(走行)プランをこれからマクラーレンと決めていきます」

 そう言って、中村は再びエンジニアルームがあるトラックの中へ消えていった。トラブルに見舞われたものの、1年前に比べて充実したテストを過ごしているホンダだった。

(尾張正博)


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ