最新ニュース

VWトップ「F1は将来が見通せない」と参入を否定

2016.02.25

photo

©XPB Images

フォトギャラリー


 フォルクスワーゲン・グループのモータースポーツ活動を統括するウォルフガング・デュルハイマーは、少なくともテクニカルレギュレーションとシリーズの所有権問題が落ち着くまでは、同グループがF1に参戦することはないと述べた。

 フォルクスワーゲン・グループが傘下のブランドのひとつを使ってF1に参入するとの噂は、これまでに何度となく流れてきたが、今のところ彼らは世界耐久選手権(WEC)や世界ラリー選手権(WRC)、GTレースでの活動に専念している。

 英国オートスポーツの姉妹誌“オートカー”は、デュルハイマーが「現時点ではF1への参戦は考えていない」と語ったと報じている。

「状況の見通しが難しく、(F1参入に)必要とされる巨額の投資に踏み切れない。レギュレーションについて言えば、エンジンについては周辺的なテクノロジーも含めて、さまざまな噂が流れている。必要な規模の資金を投じるには、向こう5年間はレギュレーションの安定性が保証されていなければならない。途中でルールが変わったり、エンジンの気筒数の規定が変更されたり、あるいはハイブリッドシステムが市販車向けに開発中のものと、かけ離れたものになる可能性があっては困るということだ」

 レース以外の面でも、F1は将来誰が所有することになるのかが不透明だと、デュルハイマーは指摘する。F1の事実上の最高責任者であるバーニー・エクレストンは新たな大株主を熱心に探しているとされ、現時点での支配的株主CVCキャピタル・パートナーズも、F1の株を売却する可能性があることを示唆しているからだ。

「所有権に関しても、F1は明確な答えを出すべき大きな問題を抱えている」と、デュルハイマーは述べた。

「大企業が巨額の投資をするからには、その組織に対してある程度の影響力を持つことを期待するし、投資をする時点で、所有者が当面の間は交替しないという保証を求めるものだ」

「しかし、現在のF1では所有者が今後もおなじ地位にとどまるつもりはないようで、結果として不安定な状況を生み出している」

(Translation:Kenji Mizugaki/オートスポーツweb )


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ