最新ニュース

ヒュルケンベルグ、燃料軽めでトップタイム

2016.02.25

 スペイン バルセロナでの2016年プレシーズンテスト3日目、フォース・インディアのニコ・ヒュルケンベルグがVJM09を初めてドライブした。

 24日の天候は晴れでドライコンディション。ヒュルケンベルグは99周を走行、スーパーソフトタイヤでマークした1分23秒110のタイムで12人中トップに立った。

 ヒュルケンベルグは今年最初のテストでデータ収集やセットアップ調整に取り組み、ミディアム、ソフト、スーパーソフトタイヤを試し、終盤にはロングランも行っている。いくつか新車につきものの初期的問題があり、多少走行時間をロスしたというが、それでも100周近い周回を走りこんだ。

「僕にとってポジティブな一日だった。最初の印象はいい。ここからさらにマシンへの理解を深めていく」とヒュルケンベルグ。

「今日はたくさんのことをテストした。これからいくつか微調整しなければならないが、正しい方向に進んでいると感じる。重要なのは、まだテスト序盤なのにたくさんの周回を走れているということだ。この後、いろいろなセットアップのテストに取り掛かれる」

「メルボルンまであまり時間がないけれど、予定どおり進んでいると思う。今日のような一日を過ごせると本当に心強い。他のチームが何をしているのか分からないから、自分自身の仕事に集中し、懸命に作業にあたるよ」

 トップタイムをマークした周に燃料はあまり積んでいなかったのでは、という問いに対して「数周するぐらいの燃料は入っていたよ」とヒュルケンベルグが答えたとF1iが伝えた。
「ライバルたちと比べると、僕らは自分たちがどれだけやれるか、パッケージの力を試していたと思う。それは認める。でもメルボルンまで日がないから、そろそろそういうことを始めて、マシンについて学ばないと」
「すごくポジティブでいい一日だった」

(オートスポーツweb)


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ